投資信託の安全性

投資信託は、販売会社、運用会社、信託銀行がそれぞれ役目を果たしていくことで、成立している金融商品です。
もし販売会社、運用会社、信託銀行のうちどれかが破綻してしまったら投資信託はどうなるのかというと、ちゃんと預けたお金は金額問わず守られる制度ができているのです。

販売会社は投資信託の取引の窓口ですので、お客様とお金の出し入れをします。
お客様のお金は販売会社を経て信託銀行が管理します。
そのため販売会社が万が一破綻してしまったとしても、信託銀行にあるお客様のお金に影響はないのです。
保有していたお客様のお金は、破綻していない別の販売会社に移されて、お客様のお金を受け持った販売会社で継続して取引することができます。

お客様にとっては運用指図だけが運用会社の役目なので、お客様のお金を保管も管理もしていません。
運用会社が万が一破綻してしまったとしても、お客様のお金は運用会社ではなく信託銀行に保管されているので直接影響を受けることはないのです。
破綻した運用会社が運用していた投資信託は、破綻していない他の運用会社に引継ぎされるか、繰上償還されます。
繰上償還とは予め決まっていた信託期間が終了する日よりも前に運用を終了することです。

投資信託の財産は元々お客様方のお金で構成され、そのお金は信託銀行が管理しています。
しかしお客様のお金は信託銀行が持っている財産と区別して管理することが法律で義務化されています。
そのため、信託銀行が万が一破綻してしまったとしても、お客様のお金に影響することはありません。
お客様のお金は信託銀行が破綻した時点での基準価額で解約されるか、破綻していない他の信託銀行にお客様のお金が移され、お客様のお金を受け持った信託銀行で管理されます。

これまで述べてきたように投資信託は各機関が万が一破綻しても、お客様のお金は保全されるようになっています。

■株の良いとこ悪いとこがわかります
株で失敗する人・成功する人
■株を始めるならまず証券会社選び
初心者におすすめの証券会社ランキング
■参考サイト
投資信託 解約